車検・板金・カーメンテナンス・八街・富里・東金・千葉「あんぜん」 サイトマップ | お問い合わせ
HOME > 車検 > もっと詳しく「環境車検」




環境整備・エンジン洗浄(カーボンクリーン)

カーボンとは、化石燃料のカスが化学反応を起こして出来る、非常に硬い粒子で出来た不燃物質で、蓄積すると非常に厄介な老廃物です。

このカーボンを徹底的に除去する方法がエンジン洗浄です。

燃料タンクからフィルターでろ過されたガソリンは燃圧レギュレーターで圧力をかけて、デリバリーパイプを通過しインジェクターで噴霧され燃焼室で燃えつきます。

この工程で燃料フィルターより後で発生するのがカーボンです。

長い暖機運転や近所の買い物へとちょい乗りを繰り返していると蓄積されやすく、また走行距離の多い車でも多く見られます。
特に注意したいのがインジェクターの目詰まりによる不規則な噴霧とO2センサーへ付着でのコンピューター誤信号、プラグのかぶり(黒く煤が付いた状態)です。
インジェクターの噴霧状態は外からは見えませんので、加速が重たい場合や燃費が悪くなってきた、アイドリングが安定しないなどの場合は
正常な噴霧が行われていない可能性が考えられます。
不安定な噴霧により燃焼効率が悪くなると、カーボンの発生が激増してプラグの先端やO2センサーの固着します。
するとプラグの点火が悪くなりO2センサーの不良で誤った噴射量をコンピューターに支持してしまい、結果燃費の悪化やパワーダウンなどの悪い方向へ吸い込まれていきます。
さらにはピストンリングに固着し、燃焼ガスが漏れたり点火時期が微妙にずれたりトルクが低下したり、オイル上がりまでも引き起こします。
カーボンを燃料供給側(インジェクター)とエアー供給側(インマニ)の両方から洗浄除去する方法がエンジン洗浄です。
下記の写真のような状態になっているとかなり重症です。
出来るだけ早い対処が必要になります。


よくご質問いただくのが「市販の添加剤と洗浄能力は同じですか?」というお問い合わせです。
答えは全く別物の洗浄能力が体感できます。

市販の添加剤のほとんどが給油時にガソリンタンクに入れるタイプになりますが、その理由は運転しながら洗浄する手軽さを目的にしているからです。
満タンで50リットル入る車に添加剤を400ml入れた場合の濃度は0.008%です。
これは洗浄するにはあまりにも希薄な値です。
なぜこれほど希薄にするかというと、運転しながら(低回転から高回転までまわす場合を想定した)の洗浄のため薄い比率にしないとエンジンに不都合があるからです。
言葉は悪いですが、これではだたの気休み程度です。

カーボンの付着は想像以上に完全燃焼の邪魔をしています。
販売されているほとんどの車が新車時よりも燃費が落ちるのも、付着したカーボンが原因であることが最も多いのです。
よくマフラーに黒いすすが付着している車をみかけますが、これはもう重症です。
完全に適正な燃料が噴射されていないか、O2センサーが誤作動しているからです。
少しすすが付いているような状態でもやはり不完全燃焼になっていますので、早めの対策が必要です。

これらの原因となるカーボンを除去することで、新車時の理想の燃焼効率となり、パワーを取り戻し、結果燃費が改善されます。
放っておくと、今以上にカーボンは蓄積されていき、必ずエンジン内部に負担が生じます。
燃費改善グッズをあれこれ買う前に根本的に燃費の悪化の原因であるカーボンを除去しましょう。


環境整備・オイルライン洗浄(スラッジクリーン)

スラッジクリーンはエンジン内を循環しているエンジンオイルが流れる通路に、長年にわたって蓄積されたスラッジを洗浄剤に最適な圧力をかけて取り除く方法です。

エンジン内はもちろんターボチャージャーからオイルポンプストレーナーまで汚れを分解・除去します。

オイルプロは洗浄剤のプレッシャーポンプで洗浄液を圧送し、バキュームポンプで強力に吸い出すため通常のオイル交換では取り除けない頑固なスラッジも、綺麗に除去することが出来ます。

バキューム機能により施工後に残留オイルが残らないので新しいオイルを100%体感できます。

最近のエンジンオイルは本当にロングライフになりました。
ディーラーでも10,000km交換を推奨しています。
でも車は使用する人によって乗り方も条件も変わってきます。
本当にそんな交換サイクルで大丈夫なのでしょうか?
答えは5年くらいは大丈夫です。
が、オイル交換をしていないと、かなりの確率でなんかしらのエンジントラブルに巻き込まれると思います。
最近「エンジンから異音がするが見て欲しい」というお客様が増えています。

新車も5年もたつと、オイルキャップを外すとそのキャップ裏にスラッジが付着しています。
そしてタペットカバーを開けてみるとそれはもうひどい状態になっています。
最近のエンジンはタイミングベルトがチェーン式になり、潤滑にはエンジンオイルを使用しています。
また可変バルブタイミングなどの動作も、エンジンオイルで作動しているものが多く
エンジンオイルの役割も多くなっています。
このような部分にスラッジが蓄積されると異音の原因になることが多く、異音が出てからでは修理代も高額になります。
そんな状態を避けるためにもスラッジクリーンでオイル通路を綺麗に保ってあげることが大切です。
そしてオイル交換のサイクルを通常よりも少し短めに行ってあげることでロングライフなエンジンへと変わっていきます。

よくご質問いただくのが、「目に見えるほどの効果はありますか?」というお問い合わせです。
お客様が普段から常に車の状態を気にしながら乗られている場合は、施工後の違いを大いに感じていただけます。
体感でいえば、例えばAT車で「いつも上り坂で3速にキックバックしていた道がそのままスムーズに走れる」や
「3000回転から上がストレスなく回るようになった」など
また個体差はありますが、性能面(燃費・力強さ)でいえば
「燃費が良くなった」や「エンジン音が静かになった」など、すぐに現れる効果もあります。
スラッジクリーン施工後2,000km走行したオイルの変色具合を見ても、内部が綺麗になりエンジンコンディションが良くなっていることが
見ていただけると思います。

オイルシステムクリーニングは、エンジン潤滑系統と共にエンジン内のクリーニングケースやブローバイ系統の洗浄を行うもので
エンジン内部の有害なカーボン・ワニス・スラッジを除去いたします。

これにより排出ガス発生原因のブローバイガス濃度を削除することで排出ガスの大幅な低減がなされます。
カーボンクリーンと合わせたメンテナンスがより一層効果的です。


環境車検って何?

自動車はもはや私たちの生活に欠かせないものになっています。
しかし一方で有害な排出物質による環境汚染などが深刻化している現在、少しでも環境へのマイナス影響を削減できないだろうか・・・

DS・PMとは?
ディーゼルエンジンから排出されるススと粒子状の物質の総称で燃え残った燃料や潤滑油の成分、サンフェールトと呼ばれる
経由燃料中の硫黄分から生成される成分からなります。

CO2とは
炭酸ガスとも呼ばれる大気中に含まれる無色無臭の気体です。
化石燃料の燃焼等により排出量が増加。またCO2吸収源の森林の伐採等により年々量が増加しています。

NOxとは?
NO・NO2・N2O・N2O2等々の化合物の総称。
高温の下で窒素と硫黄が結合して発生します。
完全燃焼に近づくほど発生量が増加するので燃焼温度を下げなければなりません。これがPMとの同時低減を困難なものにしています。


自動車と環境問題

自動車は私たちに大きな利便性をもたらしてくれる一方で
有害な排出ガスにより環境に悪影響を与えています。
CO2削減については地球温暖化防止を目指して定められた京都議定書の中でも削減目標が定められており、重大なテーマとなっています。

自動車用エンジンから排出する物質の中で特に環境への影響が心配されるものとしてCO(一酸化炭素)・HC(炭化水素)・NOx(窒素酸化物)・CO2(二酸化炭素)・DS(黒煙)・PM(浮遊粒子状物質)等々の物質があります。
なかでもいま最も注目を集めている排出物質がCO2・DS・PM・NOxです。

【自動車と環境への影響】
・CO2による地球温暖化問題
・フロンガスによるオゾン層破壊
・騒音・振動問題
・大気汚染問題
・ホルムアルデヒド等の車内環境問題
・廃棄物処理問題


環境車検MENU 環境車検
スタンダード
環境車検
デラックス
環境車検
パーフェクト
1)車検基本点検
2)カーボンクリーン
3)スラッジクリーン -
4)エンジンオイル -
5)オイルエレメント -
6)ブレーキオイル - -
7)パワステオイル - -
8)ラジエーター液 - -
9)オートマオイル - -

料金表 重量税 自賠責
保険
印紙代 環境車検
スタンダード
環境車検
デラックス
環境車検
パーフェクト
- - - - 基本料金
34,125
基本料金
44,625
基本料金
55,125
バイク 3,800 13,640 1,100 - - -
軽自動車 6,600 26,370 1,100 68,195 78,695 89,195


〜1,000kg 16,400 27,840 1,100 79,465 89,965 100,465
1,001〜
1,500kg
24,600 27,840 1,100 87,665 98,165 108,665
1,501〜
2,000kg
32,800 27,840 1,100 95,865 106,365 116,865



〜2,000kg 6,600 17,270 1,100 59,095 69,595 80,095
2,001〜
2,500kg
9,900 17,270 1,100 62,395 72,895 83,395
2,501〜
3,000kg
12,300 17,270 1,100 64,795 75,295 85,795


No.1車検(立会い60分車検) バイク車検
環境車検(スタンダード) 環境車検(デラックス) 環境車検(パーフェクト)



車庫証明管轄警察署検索
自分の車の車庫証明をどこに出したらいいのか?
こちらのサイトからご確認下さい。
郵便番号検索
郵便番号の検索はこちらからどうぞ!


HOME | 車検 | 板金 | 会社概要 | お問い合わせ | サイトマップ | アクセス地図 | サイトポリシー

Copyright(c) 2010 Anzen corp All rights reserved.